LINE、通話履歴、GPS取得できる監視アプリが登場!!

あなたのスマホは大丈夫でしょうか?

最近ではスマホの遠隔操作によって大切な個人情報が流出してしまったするようなケースもよくあります。最近ではベッキーの事件が記憶に新しいですね。このようにいつ何時あなたのスマホが監視されているのか分かりません。

恐怖の監視アプリ「アナライザー」

最近のスマホの遠隔監視にはどうやら「アナライザー」というソフトが使われているケースが非常に多く、しかもこのソフトは通信販売で誰でも入手出来てしまうのです。

もともとこの「アナライザー」というソフトはスマホ紛失対策やデータの管理用ソフトとして販売されていますが、購入しているユーザーのほとんどが他人の監視や、遠隔操作に使うケースが多いようです。

アナライザーの恐るべき機能

では具体的にこのアナライザーの恐るべき機能を解説していきましょう。まず、アナライザーにはAndroid版とiPhone版が販売されています。

>>iPhoneアナライザー

iphoneアナライザー_468×60

>>Androidアナライザー

androidanalyzer

それぞれ微妙に機能に違いがありますが、最も恐ろしいのがLINEのトーク履歴の監視です。

最近ではほとんどの人がメールではなく、LINEで連絡を取り合っていることが多いようです。しかも、会話がチャット形式になっているので、話の流れも分かりやすいです。また、LINE掲示板や出会い系サイトではLINEのIDやQRコードを交換する文科が出来上がっており、援助交際や浮気にはLINEが大活躍しています。

アナライザーではこのLINEのトーク履歴が監視できるので、相手にバレることなく、浮気の証拠を残すことができてしまいます。

android_funcimg01
 

また、通話履歴に関しても取得できてしまうので、アナライザーをインストールされたスマホではいつ誰とどのような会話をしているか遠隔で手に取るようにわかってしまうのです。

android_funcimg02

 

知らないうちにGPS情報を取得されるスマホ端末が発売開始

5月17日にNTTドコモから今月発売の新機種から本人に通知せずに捜査機関にGPS情報を提供するというニュースが入ってきました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000109-jij-bus_all

以前の法律では捜査機関が電話会社に位置情報提供願いを出す場合、裁判所を通した礼状と本人への通知が義務化されていた。しかし、今年の6月の総務省による法律改定により、スマホ端末から本人への通知もなく、位置情報が捜査機関に行くことになる。

法律改定によりどのようなことが考えられるか?

今回の法律改定により、今まで裁判所を通さないと操作のためにGPS情報を取得することが出来なかったが、今後は捜査機関の意思ひとつで任意のスマホ端末のGPS情報を知ることが出来てしまう。そのため、捜査に関しては今まで以上にスピーディーに検挙することが出来るようになるだろう。昨今、スマホを使った犯罪が年々多くなって来ており、従来通りの操作方法だと対応が遅れてしまうため、素早い対応をするためにこのような法律改正が行われたと考えられます。

個人情報の取り扱いはどうなるのか?

今後発売されるスマホにはGPSの自動取得機能の搭載が義務付けされるだろう。しかし、捜査機関も私欲のために第三者のGPS情報を悪用するとは考えられないが、中には勝手に自分のよくいる場所を見られることに嫌悪感を抱く者もいるだろう。そこで、この法律に対する対策はどのようなものがあるか、考えてみた。

キャリア以外のスマホを購入

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3大キャリア以外のスマホを購入すれば、恐らくGPSの自動取得機能は付いてこないと考えられる。特に最近では格安スマホも多数販売されており、以前のような3大キャリアを通さずにスマホを購入することも可能だ。また、日本で使うことが出来るSIMカードさえ持っていれば、海外製のスマホも利用することは出来る。

古い機種を利用

今年の6月に改定された法律のため、それ以前に発売された機種に関してはこのGPS自動取得機能は搭載されていない。そのため、古い機種であれば、全く問題はない。

iPhoneを利用

iPhoneの場合、開発はAppleが全てなので、この機能は付けられることはないだろう。

最悪の恋人監視アプリ。mCoupleとは。

恋人束縛系の監視アプリ、監視サービスは定期的に新しいものが出ていますが、またまた最悪の監視アプリが出てきました。
mCoupleです。

mcouple

最悪1:iPhoneでもスマホでも

今まではiPhoneだけで使える。スマホだけで使えるという監視アプリがありましたが、どちらにも使えるクロスプラットフォームな恋人監視アプリなんです。

最悪2:色々見えちゃう

公式サイトの動画を確認して下さい。監視される内容が分かりますよ。(位置情報、連絡先、メッセージ、Facebookチャット

mCouple公式動画


最悪3:ステルスで機能する


アプリの動作がバックグラウンドで行われます。勝手にインストールするのは問題ですが、ストーカーチックなパートナーからiPhoneやスマホをプレゼントされたら要注意ですね。知らずに監視されていたなんてことが無いように気をつけましょう。

日本語に対応していないことと、LINEには対応していないことがせめてもの救いですね。

スマホの監視にRoot(ルート)化は必須なのか?

スマホを使っていると、しばしばRoot化という単語を耳にすることがあります。

Root化ってハッキングなの?
ウィルスにやられるって聞いたけど
サポートが受けられないそうな。

漠然とした不安を感じるRoot化について、
まずは説明しましょう。

Root化とは?


Root化は、スマートフォン、タブレットその他のAndroidデバイスユーザがAndroidサブシステム内で特権(rootアクセス)を取得する作業である。
しばしばキャリアやハードウェア製造業者がデバイスに課した制限を回避し、システムアプリケーションや設定を改変あるいは置換し、特製の管理者レベル権限が必要なアプリを動作させ、通常のAndroid利用者が使用できない操作を実行することを目的として行われる。
Root化はアップルのiOSやソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation 3のJailbreakに相当する。Androidでは、root化はオペレーティングシステムの完全な除去と置換を可能にする。
AndroidはLinuxカーネルから派生したため、Androidデバイスのroot化は、Linuxあるいは他のUnix系コンピュータ例えばFreeBSDまたはOS Xへの管理者権限の取得と内容的に類似している。


出展:Wikipedia

分かったような、分からないような。
そもそも、専門用語が多すぎますよね。

スマホにインストールされているAndroid OSには、
利用者が大事なファイルを誤って削除したり、
設定値を変更してしまわないように、
制限がかけられた状態で出荷されています。

この制限があるため、スマホを購入したときにインストールされているアプリを削除できないなどが発生します。

誤解を恐れずに、ざっくりと説明すると、
Androidに付けられている安全装置を外すことをRoot化だと考えて下さい。

Root化は危険なの?


安全装置が外されたスマホは独自のカスタマイズが可能になり、利便性が向上します。
しかし、削除・改変されてはいけない重要なファイルを誤って削除してしまったり、
ウイルスに改変される等の危険性もでてきます。

また、Root化されたスマホはメーカーのサポートを受けられないという保証規約があるので、
万一に時に自分で何とかしないといけなくなります。

ただし、サポートを受ける前に、Root化を解除すれば、
メーカー側もスマホが以前Root化されていたことを把握することは難しいとされています。

どうしてもRoot化したいなら


スマホを完全にバックアプするソフトが出回っていますので、
そちらを使ってスマホのバックアップをとっておきましょう。

ただし、バックアップを取ったからといって安心してはいけません。

Root化して3ヶ月後に不具合発生。バックアップを使ってもとに戻すと3ヶ月前のデータに戻ってしまいます。
また、不具合の症状がヒドイ場合は、バックアップから戻すことさえできないかもしれません。

Root化不要のスマホ監視アプリ


スマホを監視するためのアプリでも、Root化をしないでできるものがあります。

当サイトで紹介しているAndroidアナライザーもRoot化せずに利用ができます。

Androidアナライザーなら、Root化しないでも、

  • 通話履歴・アドレス帳を遠隔から確認
  • LINEのやりとりを確認
  • 遠隔でカメラ撮影
  • GPSでスマホの場所を確認
  • メッセージの送信
  • 音声通話内容を遠隔から確認
  • アラームを強制的に鳴らす
などの盗難防止対策がバッチリと行えます。


androidanalyzer

LINEのメッセージを監視してみた

LINEは危険なツールなのか?

最近、LINEを使った事件を目にする機会が増えてきました。

LINEを使って恐喝メッセージを送った
→LINE危ない!

みたいな事件や論調もありますが、
それって、メールの代わりにLINE使ってるだけじゃん!
LINEがなくても事件起きてるじゃん!
とツッコミを入れたくなりますね(^^;)

でも、それだけLINEの利用が一般的になったということも言えますよね。
スマホではメールよりもLINEをメインに使う人の方が多い気もするし、
新しいコミュニケーションインフラにLINEがなりつつあると言えるんでしょうね。

そんな広く普及しているLINE
お子さんが好き勝手に利用するのは怖くないですか?

LINEのIDで出会いを求める掲示板なんて沢山ありますし、
LINEのIDを管理する必要があるんじゃないでしょうか。

こちらのページでは、スマホを使ったLINEのやりとりを監視する方法を紹介します。

 

スマホのLINEを監視する方法

 

この方法は、パソコンが必要になります。
パソコンからLINEを監視することになります。

 

1.Androidアナライザーをインストールする

LINEを監視できるソフトの「Androidアナライザー」をインストールします。
Androidアナライザーはこちらから確認できます

 

2.Androidアナライザーアプリをインストールする

AndroidアナライザーをインストールしたPCと
監視したいスマホを接続することで、
スマホの中にアプリをインストールすることができます。

android_analyzer01
このアプリを入れられたスマホは
Androidアナライザーから遠隔操作・監視することができます。

アプリが入れられたスマホがLINEでメッセージをやりとりすると、
メッセージの内容が蓄積されていきます。

 

3.LINEを監視する

Androidアナライザーをインストールしたパソコンから、
スマホを遠隔操作できます。

スマホに蓄積されたLINEのやりとりを取得できます。

line_kanshi01
また、スマホ側で削除したメッセージもパソコンで閲覧することができます。

line_kanshi02
 

LINEの監視がお手軽にできるAndroidアナライザーはこちらから確認できます。

 

androidanalyzer

スマホの盗難対策は大丈夫?アプリで予防する方法も!

先日、ネットで興味深い記事を読みました。

10人に1人がスマホの盗難に遭ったことがあるそうです。
出展:http://gigazine.net/news/20140530-theft-smartphone-survey/

 

10人に1人もスマホの盗難にあっているというのは驚きでした。
アンケートはアメリカのものなので、日本に比べて治安が悪いというのもあるでしょうが、
逆に言えば、日本はアメリカほど盗難対策ができていないと言えるでしょう。

 

さらに、スマホの盗難にあった被害者の約3割は10万円払ってでもスマホに登録されたデータを取り戻したいと思っているようです。

 

確かに、スマホは個人情報の宝庫です。
悪用されたら10万円以上の損害がでることもありえるでしょうし、思い出の写真や動画はお金には換えることは出来ませんよね。

 

そして気になるのは、スマホの盗難に遭いやすい場所のベスト5です。
この場所ではスマホを肌身離さず持っている方がいいでしょうね。

1位:レストラン
よくスマホを机に置いたまま談笑している人を見かけますね。
ちょっと目を話した好きに盗まれてもお話に夢中だと気づきにくいでしょう。

castle-tavern-3359_640
 

2位:バー、クラブ
飲酒しているとスマホがなくなっても気づきにくいです。
スマホを盗難する犯人はそこまで考えて、あなたのスマホを狙っているかも知れません。

bar-406884_640
 

3位:オフィス
これは以外でした。会社の同僚がスマホを盗むのでしょうか?
それとも、外部の人が出入りし易いオフィスに限るのでしょうか?
でも、私の周りはみんなスマホを机に置いたまま離席しています。

russia-95311_640
 

4位:公共交通機関
これはスマホのスリでしょうね。
でも、電車の中ではみんなスマホで何かしてますよね。
置き引きとかも多そうです。

train-278513_640
 

5位:路上
これもスリだと思います。
路上で置き引きはさすがに忘れた人の過失も高いですが、
ちょっと道端に座ってスマホいじってなんかしてる時はとくに要注意ですね。

vienna-172254_640
 

以上が、スマホの盗難に遭いやすいエリアベスト5です。
盗難には気をつけましょう。

でも、どんなに気をつけてもスマホの盗難を完全に防ぐことはできません
もしもに備えて、スマホの監視アプリを入れておくと万全です。

当サイトで紹介しているAndroidアナライザー
スマホに入れおくことでAndroidの防犯対策をすることができます。

スマホの場所をGPSで確認したり、
遠隔からスマホのカメラで周囲を撮影したり、
アラーム音を鳴らし続けたりと

スマホの場所を特定する機能が満載です。

さらに、スマホの中からデータを取り出す機能がありますので、
スマホを完全に紛失してしまっても、大事なデータだけは確保することができます。

Androidアナライザーは機能豊富なので、ここで全てを紹介できません。

>>Androidアナライザーの詳細を公式サイトで確認してください<<

スマホの画面を遠隔から監視

スマホで表示されている画面を遠隔のPCから監視することができる。

もし、そんなことができたら、

スマホを子供に与えているお母さんは、
子供が有害サイトにアクセスしていないか監視できる。

従業員にスマホを貸与している経営者は、
社員のスマホ私的利用を監視できる。

スマホの監視が必要な方には、
耳寄りな話ではないでしょうか?

当サイトで紹介しているAndroidアナライザーは、
一度スマホにアプリを入れれば、
遠隔からスマホの画面をキャプチャーして、
パソコンから確認することができます。

画面キャプチャ
こんな感じですね。

もちろん、スマホ監視アプリをインストールする際には、
スマホの使用者の同意を得てから行う必要があります。

スマホ監視アプリを入れたことを伝えれば、
使用者への抑止力となって、
そもそも悪い使い方をしないことが期待できますね。

>>スマホ監視のAndroidアナライザーって?<<

スマホ監視アプリの設定方法

スマホ監視!って敷居が高そうなイメージがありませんか?

iPhoneの脱獄とか、AndroidのRoot化とかって言葉を聞いたことはありませんか?
スマホを監視するのに、そういった特殊な操作が必要と思っている方もいるのではないでしょうか?

スマホ監視を簡単に行う方法があります。

スマホ監視アプリのAndroidアナライザーは
普通にパソコンを使える知識があれば(このサイトを見れてれば十分です)
十分に活用ができると思います。

スマホ監視アプリの設定方法

では、実際にスマホ監視アプリのAndroidアナライザーの設定方法を紹介します。

0.Androidアナライザーをパソコンにインストールします。

インストールプログラムを実行して、
「次へ」をクリックして進んでいけばOKです。

and001
1.Androidアナライザーを起動

インストールされたAndroidアナライザーをダブルクリックで起動します。
こんな画面が表示されます。ここから、スマホの監視を色々と行えます。

and002
2.パソコンとスマホを接続する

スマホを買った時にパソコンとの接続ケーブルがついていたと思います。
コチラを使って、パソコンとスマホを接続します。

pc-smartphone
3.スマホ監視アプリをインストールする

アンドロイドアナライザーの「設定」をクリックすると、
スマホ監視アプリをインストールするボタンが表示されます。

and003
こちらの赤枠部分をクリックすれば、
スマホに監視アプリがインストールされます。

※注意※
事前に、スマホ側でUSBデバッグがONになっている必要があります。

これで、パソコンからスマホを監視することができます。
もうパソコンとスマホを接続する必要はありませんので、
100%遠隔から監視することができます。

Androidアナライザーで監視&遠隔操作できる内容は盛りだくさんです。
こちらをクリックして、Androidアナライザーの詳細を確認してください

あれ?Androidアナライザーが・・・

Androidアナライザーが再販されました。

次回再販の予告!には、

  • アラームを遠隔で鳴らす機能
  • 遠隔でスマホをロックする機能

が搭載予定!

とありましたが、
今のところは、アラームを遠隔で鳴らす機能のみが追加されています。

遠隔ロック機能はスマホを紛失したときには絶対に使いたい機能なので、
今後の機能追加まで待ちましょう。

再販されたAndroidアナライザーはこちらで確認できます。


header

スマホ監視アプリのAndroidアナライザー販売中止について

スマホ監視アプリとして利用できる
Androidアナライザーですが、
1週間の販売期間が終了しました。


現在は、ご覧のとおり販売が停止されています。


前回の1週間は先行販売期間ということで、
現在は一時的に販売を中止しているだけですね。


8月8日に販売が再開されるので、
前回購入しそこねた方はしばらく待ちましょう。


更に、新機能の追加予定も告知されています。
遠隔ロックとアラーム機能です。

こちらは、Androidアナライザーのアプリを入れたスマホを
PC(Androidアナライザーがインストールされている)から遠隔でロック出来る機能です。

この機能と、前回紹介した紛失したスマホからデータを救出する方法を合わせれば、
更に安心のセキュリティー対策ができますね。

スマホを紛失する

データを救出

遠隔からロック

紛失したスマホ自体を取り返すことは難しいかもしれないですが、
大事な大事なデータは復活&第三者に見られないですね。